読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【歯科疾患実体調査】虫歯は感染症!フッ素の効果はどんなものか?

今回は虫歯についてのお話です。

 

みなさん、虫歯はありますか?厚生労働省では歯科疾患の実体調査として次のような報告をしています。

平成23年歯科疾患実態調査 結果の概要について(発表)

この調査は、わが国の歯科保健状況を把握し、今後の歯科保健医療対策の推進に必要な基礎資料を得ることを目的に、昭和32年より6年ごとに実施している。平成23年11月に実施した、第10回の調査結果の概要が、別紙のとおりまとまったので発表する。

 この調査の結果から、8020達成者(80歳で20本以上の歯を有する者の割合)は38.3%であり、平成17年の調査結果24.1%から増加している。(8020達成者は、75歳以上80歳未満、80歳以上85歳未満の数値から推計)

 なお、この調査は、全国を対象として、平成23年国民生活基礎調査により設定された単位区から無作為に抽出した300単位区内の世帯及び当該世帯の満1歳以上の世帯員を調査客体としており、今回の被調査者数は4,253人(男1,812人、女2,441人)であった。

f:id:somegoro:20160527205836g:plain

引用:歯科疾患実態調査|厚生労働省

 

国民全体を見れば良い傾向にあるようですね。特に、高齢になるほど20本の歯を持つ割合の増加が顕著に見られます。

 

フッ素について

このように、年齢を重ねても自分の歯を持つことが出来るようになった要因として虫歯予防の広がりがあります。とりわけ、虫歯予防にと叫ばれて久しいフッ素の存在です。皆さん聞かれたことがあるでしょう。

 

しかし、調べてみると実際にはそう単純なものではないようです。フッ素のメリットは世間に広く浸透しています。しかし、デメリットは浸透していませんね。そこで、フッ素のメリット・デメリットをご紹介します。

 

メリット 

・殺菌力が強い。それにより虫歯菌(ミュータンス菌)を殺すことが出来る。

・歯質を強化できる。ただし歯磨き粉に入ってる程度では効果は期待できない。

 

デメリット

・善玉菌も殺してしまう。(善玉菌は虫歯菌をやっつけてくれる。)

・人体への毒性が強い。摂取しすぎると急性中毒になることも。

 

だから、歯科医の中には歯磨き粉を推奨していない人が一定数いるのですね。その中にはフッ素非推奨派だけでなく研磨剤非推奨派や化学物質非推奨派が含まれるのでしょうけど。

 

 

いかがでしたでしょうか。こうして菌レベルで考えると虫歯は本当に感染症なんだということが分かりますね。現在では虫歯菌を完全に除去する方法はありません。ですので、不治の病ということになりますね。

 

虫歯は気軽に考えてしまいがちです。それは治らないからなのかもしれませんね。虫歯の根本的治療が一日も早く出来るようになると良いですね。

 

 

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

ライオン チェックアップ スタンダード 120g【医薬部外品】

 

 ↑こちらは歯科医も薦める歯磨き粉です。