生活情報オンライン

ITエンジニアが役立つ情報を発信します。

保険とは何か。その精神とは。

f:id:somegoro:20171024012245j:plain

保険の精神

ドイツの保険学者「アルフレッド・マーネス」は保険の精神として、こんな言葉を残しました。

万人のための一人、一人のための万人

この言葉は、保険の精神として多くの保険学者が引用しました。

保険とは

保険とは、事故や災難が発生した者に金銭を給付することで財産や生命を守るための制度です。その金銭は、多数の者によって出し合われます。そして、自分が事故や災難にあった際には金銭を受け取るのです。


人類の長い歴史の中で育まれた合理的な防衛手段ですね。

保険の種類

保険は次の二つに大別することが出来ます。
・公営保険
・民営保険


「公営保険」は国が政策や福祉として実施する保険です。「民営保険」は民間の保険会社や損害保険会社が販売する保険です。


今回は民間の会社が販売する「民営保険」について掘り下げていきます。

民営保険

民営保険はその保険の定義によって、1~3の分野に分類されます。

[第1分野] 生命保険

人の生死に関して保険金が支払われます。

・定期保険
・終身保険
・個人年金保険
・養老保険など


[第2分野] 損害保険

偶然の事故による損害について保険金が支払われます。

・自動車保険
・火災保険
・海上保険
・賠償責任保険など


[第3分野] 明確に区分できない保険

一定の偶然の事故によって生じる損害について保険金が支払われます。

・医療保険
・がん保険
・介護保険
・傷害保険
・所得補償保険など



以上、「保険とは何か」でした。


詳しいことについては、次のサイトがとても詳しく書いています。業界の変遷なども書いてあって複雑で面白いですね。
生命保険協会
日本損害保険協会 | SONPO
一般社団法人 日本損害保険代理業協会