Microsoft EdgeでInternet Explorer(IE)を開く方法

f:id:somegoro:20160706084351p:plain
Windows10ではデフォルトブラウザとして「Microsoft Edge」が採用されています。しかし、この「Edge」にまだ対応していないWebページは結構あります。ですのでWebページを「IE」で開くことも必要になります。

「Edge」で「IE」を開く方法

今回の記事では、上記のような課題を解決するために「Microsoft Edge」で「Internet Explorer」を開く方法をご紹介します。


「Edgeで開けないWebページ」の例として、次のオラクルのページを題材として扱っていきます。(2016年7月6日時点で次のページはMicrosoft Edgeに対応していないことを確認しています。)


ORACLE - Javaのバージョンの確認


このオラクルのページは、自分のPCにインストールされているJavaのバージョンを確認するWebページです。

「Edge」で「IE」を開く手順

実際の手順をご紹介していきます。

Microsoft Edge」で開いたとき

Microsoft Edge」で表示すると次のような表示になり、Javaのバージョン確認をすることが出来ません。いわゆる Edge で開けない状態です。


f:id:somegoro:20160706074400p:plain

大きくすると次のような記載になっています。なんだかよくわからない日本語ですが、要は Edge じゃ開けないよと言っています。

ChromeブラウザではNPAPIプラグインがサポートされないため、すべてのJavaコンテンツが実行されません。Javaプラグインを実行するには、別のブラウザ(FirefoxInternet ExplorerまたはMac上のSafari)に切り替えます。詳細


引用:https://java.com/ja/download/installed8.jsp


「Edge」から「IE」起動

EdgeからIEを起動して、このページを確認することができるようにします。


Microsoft Edge」の右上の三点リーダー(…)をクリックしてください。
f:id:somegoro:20160706074419p:plain



すると、次のような画面が表示されます。そこで「Internet Explorerで開く」を選択します。


f:id:somegoro:20160706074403p:plain



すると上手く表示されました。「同意して続行」ボタンで確認してみましょう。


f:id:somegoro:20160706074407p:plain

Internet Explorer」で確認する

Javaのバージョン確認をすることが出来ました。


f:id:somegoro:20160706074413p:plain




このようにして、「Microsoft Edge」にまだ対応していないWebページでも開くことは出来ます。ですので必要以上にWindows10に怖がらなくて大丈夫ですよ。

somegoro.hatenablog.com