生活情報オンライン

ITエンジニアが役立つ情報を発信します。

PowerPointで軽くて色変更できるアイコンを使う方法

PowerPointで軽くて色変更できるアイコンを使う方法をご紹介します。ネットには無料で使用可能なアイコンが多くありますが一番のオススメはPowerPoint標準搭載のアイコンです。

PowerPoint標準搭載のアイコンはSVG画像で作成されているので、非常に軽く拡大縮小をしても画像が荒くなることなく色の変更も可能です。以下に使用方法の手順をご紹介します。

1.挿入

挿入タブをクリックしてアイコンをクリックします。
f:id:somegoro:20200201181232p:plain


アイコンの挿入画面が表示されます。挿入したいアイコンを選択して挿入ボタンをクリックしましょう。
f:id:somegoro:20200201181427p:plain


挿入されました。
f:id:somegoro:20200201181733p:plain


2.色の変更

続いて色の変更をしてみます。アイコンを選択した状態で、書式タブから枠線の色を変更します。
f:id:somegoro:20200201181844p:plain


同様に書式タブから塗りつぶしの色を変更します。
f:id:somegoro:20200201181940p:plain



以上、アイコンを挿入して色を変更してみました。PoertPointでは簡単に使い勝手の良いアイコンを使用することが出来ます。挿入したアイコンをいくら拡大縮小しても画像が劣化したり、データ量が大きくなったりすることはありません。便利ですね!