生活情報オンライン

ITエンジニアが役立つ情報を発信します。

データベースとプログラムを繋ぐ仕組みを解説してみる

データベースとプログラムを繋ぐ仕組みの解説

今回の記事ではデータベースとプログラムを繋ぐ仕組みを解説します。まずは、さらっと前回までのおさらいをしましょう。

データベースとは

初回の記事では基本的な知識である次の2点について学びました。
・データベースとは
・DBMSの機能とは
www.early2home.com


データベースを操作するために

その次の記事でデータベースを操作する3つのデータベース言語要素を学びました。
・データ定義言語 (DDL)
・データ操作言語 (DML)
・データ制御言語 (DCL)
www.early2home.com

さて、上記2つの記事で「データベースとは何なのか」「どのようにして操作するのか」がわかりました。ここまでの知識で、データベースを操作するツールを使って手動でデータベースを操作することが出来ます。ここで代表的なツールをあげておきましょう。

Oracle SQL Developer

Oracleが作成しているもの。無料。日本語に対応している。急速にまともな日本語になってきており今や英語が出来ない人でも解読可能な状態にある。GUIで操作できる。データベースがOracleならこれ使っておけば間違いない。他のデータベースも設定すれば操作できるようになる
Oracle SQL Developer 製品概要

A5:SQL Mk-2

こちらも日本語に対応している。こちらの日本語は完璧、なんてったって日本人が作成したのだから!すごい!ありがとう!もちろん無料、ありがとう。特徴としてはとにかく対応しているデータベースが多く、データベースがOracleでない場合は私はこちらを使用している。特筆すべきはデータベースからER図を作成することが出来ること。設計書を書かずに進められた炎上しているプロジェクトにアサインされたときにとても便利。
A5:SQL Mk-2 - フリーの汎用SQL開発ツール/ER図ツール .. 松原正和


データベースとプログラムを繋ぐ仕組み

ここまでで前回までの記事のおさらいが完了です。今回の記事の本題である「データベースとプログラムを繋ぐ仕組み」の解説に入ります。


まず、データベースとプログラムをなぜ繋ぐのでしょうか。それは、データの操作を自動化したいからです。データの操作を自動化すると、今まで手動で行ってきたことがとても簡単になります。実際のWebシステムの運用では操作ツールを使用して手動でデータベースの操作を行うのではなく、データベースとプログラムを繋いでデータベースの操作を自動化していることが多いです。


データベースとプログラムをつなぐ仕組みを図で書くとこのようになります。今回はプログラムをjavaとして書いています。
f:id:somegoro:20171220034928p:plain


上記の図にあるように、javaプログラムをデータベースに接続するにはJDBCと呼ばれるAPIが必要です。JDBCには次のとおり3つの種類があります。それぞれの役割を説明します。

JDBC API

javaプログラムから呼ばれる。JDBCドライバ・マネージャに接続する。

JDBCドライバ・マネージャ

接続したいデータベースに対して適切なJDBCドライバを選択し接続する。

JDBCドライバ

データベースに接続する。データベースごとにJDBCドライバは異なる。


この3つのJDBCはどのように手に入れたらいいか。「JDBC API」「JDBCドライバ・マネージャ」は java EE jdk に含まれています。「JDBCドライバ」はデータベースをインストールすると、インストールしたデータベース用のJDBCドライバが一緒についてきます。

実際に使って確認してみよう

具体的には実際にデータベースをインストールしてプログラムと接続してみるとよくわかることでしょう。先日の記事でMicrosoft SQL Serverを無料でインストールする方法を書きましたが、今やOracleも無料でインストールすることが出来ますので、どちらでも好きな方で確認してみるといいでしょう。


Microsoft SQL Serverのダウンロード・インストールの手順は上記のとおりに先日の記事で書きました。Oracleデータベースのダウンロード・インストールの手順は次の記事がわかりやすいと思います。
www.reclog.net

以上、データベースとプログラムをつなぐ仕組みの解説でした。