SQL Server 2014 Express をインストールする方法(2)

SQL Serverのインストール方法まではこちらの記事で紹介しました。
somegoro.hatenablog.com


SQL Serverを使うには設定が必要なので、今回の記事ではSQL Serverの設定していきましょう。


SQL Server Management Studioを起動してください。TCP/IPを有効にしてプロパティを開いてください。
f:id:somegoro:20160624012841p:plain
一番下のIPIIのTCP動的ポートを空にしてください。TCPポートを1433にしてください。これがSQL Serverのデフォルトの値になります。


ポートを設定したので、ファイアウォールに穴を空けましょう。
f:id:somegoro:20160623222000p:plain
コントロールパネルからファイアウォールを開いてください。


ファイアウォールの規則を作っていきます。
f:id:somegoro:20160623222002p:plain
画面右側にある「新しい規則」をクリックしてください。


「ポート」を選択してください。
f:id:somegoro:20160623222005p:plain
「次へ」をクリックしてください。


TCP」「特定のローカルポート」を選択して「1433」を入力してください。
f:id:somegoro:20160623222006p:plain
「次へ」をクリックしてください。


「接続を許可する」を選択してください。
f:id:somegoro:20160623222008p:plain
「次へ」をクリックしてください。


全てにチェックが入っていることを核にしてください。
f:id:somegoro:20160623222009p:plain
「次へ」をクリックしてください。


任意の名称を付けてください。
f:id:somegoro:20160623221938p:plain
分かりやすいように図のような名称をオススメします。


以上で設定は終わりです。


SQL Server」「SQL Server Management Studio」を再起動して接続してみてください。きっと問題なくつながることでしょう。


より詳細に知りたい方はこちらへどうぞ。

SQLServer2014データベース構築・管理ガイドEnterprise対応

SQLServer2014データベース構築・管理ガイドEnterprise対応