生活情報オンライン

ITエンジニアが役立つ情報を発信します。

設計書 Tips 飛び越え線の書き方2つ in Excel

「飛び越え線」の書き方

線が交差したときに見やすくする「飛び越え線」の書き方をご紹介します。
f:id:somegoro:20171004004939p:plain


設計書を書くときなどは何かと線が多くなりますよね。Microsoft製品のVisioなら「飛び越え線」があるのですがExcelはありません。


ですので、簡単に作成してしまいます。

1.丸・四角・棒線を使った方法

まずは準備です。配置から「枠線に合わせる」を選択します。これで図形を組み合わせやすくなります。
f:id:somegoro:20171004004342p:plain


次に全ての列の「列幅」を設定します。Excel2016では2.5を指定すると正方形になります。昔のExcelでは2だったかと思います。これをすることで図形が作りやすくなります。
f:id:somegoro:20171004004502p:plain


使う図形は「丸」「四角」「棒線」の3つです。
f:id:somegoro:20171004004704p:plain


丸の中に棒を縦に入れます。
f:id:somegoro:20171004004748p:plain


丸の下半分に四角を被せます。
f:id:somegoro:20171004004832p:plain


四角の枠線を白にします。これで完成です。
f:id:somegoro:20171004010027p:plain


実際に交差した線に飛び越え線として配置します。
f:id:somegoro:20171004004939p:plain


2.アーチを使った方法

さてもう一つの方法をご紹介します。

図形から「アーチ」を選択します。
f:id:somegoro:20171004005018p:plain


挿入したアーチを極限まで細くして、棒線のような太さにします。上記と同様に交差した線に飛び越え線として配置し、横線を新たな白い棒線を被せます。
f:id:somegoro:20171004005104p:plain


これで完成です。アーチを使った方法の方が手順は短いですが手動での微調整が入ります。どちらが便利かは好みですかね。


以上、飛び越え線の書き方2つ in Excel でした。